めるぽくん

  • 0120-260-860
  • お問合せ
  • 資料請求

めるぽ君 スタッフブログ

リピーターを増やすための携帯ポイント販促「めるぽくん」は、様々な業種様がご利用になり、お客様を増やされています。

「ボージョレ・ヌーボー」解禁

2015年11月19日

「ボージョレ・ヌーボー」解禁!!

ボージョレ・ヌーボとは、
フランスのボージョレ地区で、今年の夏に収穫したブドウを仕込んだワインです。

日本が輸出量の6割(720ミリボトル換算で700万本程度)を買う最大消費国
ということをご存知でしょうか。
私は今日初めて知りました。

ワインの消費量は2年連続で過去最高となる一方で、
ボージョレ・ヌーボの消費量が落ちているそう。

それでも毎年この時期盛り上がるボージョレ・ヌーボ解禁。
今年は天候に恵まれ、出来は上々のようです。

先日フランスのパリでは同時多発テロという悲しい出来事がありました。
今年は平和を祈りながら、ボージョレ・ヌーボをいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ky

回転寿司が時計回りなのはなぜ?

2015年10月19日

味覚の秋。ちかごろ「秋鮭」が美味しくて仕方がありません(苦笑)!!

焼いても良し。刺身、寿司もまた良いですよね。
“サーモン”は寿司ネタ人気ランキング2位だったような。

 

 

ところで、回転寿司がなぜ『時計回り』なのかご存知でしょうか。

 

多くの日本人は右利きです。
右手でお箸を持ちますから、自然とお皿は左手で取ることになります。
そのため、『時計回り』に回っていた方が取り易いというわけです。

ちなみに、『反時計回り』にしてみたところ、
売上が3割落ちたという検証結果もあります。

回転を変えるだけで、売上が3割も変わってしまうのですね驚!

 

回転寿司に限らず、
売上アップの秘訣はどんなところに隠れているか分かりません。

 

 

 

 

 

 

ky

「プラスねじ」と「マイナスねじ」が混在しているのはなぜ?

2015年10月13日

ここ数年『DIY』(←“日曜大工”もオシャレな呼び名になったものですね)が流行っています。

物づくりをしている中で、こんな疑問を持ったことがある方が、いらっしゃるのではないでしょうか。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『どうしてねじには「プラスねじ」と「マイナスねじ」があるの?』↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
00732-450x337
もともとはマイナスねじしかありませんでした。

ところがマイナスねじは、ドライバーが滑りやすい、ねじの溝がつぶれ易いといった問題がありました。

そこで生み出されたのがプラスねじです。J.P.トンプソンが発明したこのプラスねじを、
アメリカのフィリップス・スクリュー社が1933年に特許を買い取り発売し世界に広まりました。

ではなぜ、未だにマイナスねじも出回っているのでしょうか。

それは、同社に高額な特許料を払いたくないメーカーたちが、
頑なにマイナスねじを作り続けているためです。

 

というわけで、

問題: 『どうしてねじには「プラスねじ」と「マイナスねじ」があるの?』
答え: 高額な特許料を払いたくないから。

 

余談ですが、このプラスねじを始めて日本に持ち込んだのは、
自動車メーカー「ホンダ」の創設者である本田宗一郎氏です。

 

 

 

 

 

 

 

ky

【お知らせ】東京支店事務所移転のご案内

2015年10月01日

<取引先各位>

東京支店事務所移転のご案内

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を承り厚く御礼申し上げます。
さて、この度弊社「東京支店」は現在の同ビル内に移転し、業務を開始する事となりました。
何卒ご高承の上、倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

謹白

 

【新住所】
〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目22-17 TOCビル10階56号

(ビル名までは以前と同様です。電話番号・ファックス番号に変更はございません。)

【営業開始日】
2015年10月2日(金)

会員の魅力を下げていませんか?②

2015年08月10日

弊社ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。
前回(8月3日投稿)のブログの続きが気になってまたお立ち寄りくださったという方、
心より感謝申し上げます。それでは【ファンとビジネスの関係】の後編です。

 

 

前回のお話をザッとおさらいすると・・・
会員サービスに入会している顧客=継続的にサービスを利用する意思を持ち、特別なサービスを受けたいと願う“ファン”。
ところが、会員(ファン)数の増え過ぎは顧客満足度低下を招いてしまう(・_・;)?!
というものでした。

 

本日はその顧客満足度を低下させずに、
ファンを固定化するための方法をご提案させていただきます。

 

 

 

というわけで、ご提案方法はコチラ↓↓↓↓

 

まずは「会員か非会員か」という分け方だけでいるのを辞めましょう!ヾ(゚▽゚*)

そして購買レベルごとの層に分けて考えましょう!ヾ(゚▽゚*)

 

 

ステージ1.ファン・・・リピート率が非常に高い。優良会員。
⇒離反防止を!
一人ひとりに合わせたマーケティングを実施し、客単価とリピート率を向上させましょう。

 

ステージ2.リピート客・・・リピート率がまあまあ高い。有料会員制度でも加入するほど。
⇒離反防止&優良化を!
誕生月割引や限定コンテンツ配信など、会員だけの特典を用意しましょう。
会員にステージ制の仕組みを取り入れると、客単価やリピート率が上がる傾向あり。

 

ステージ3.新規客・・・リピート率は低め。無料会員制度なら加入するほど。
⇒優良化を!
お得な情報のお知らせを積極的に配信しながら、
何度も足を運んでいただく機会を増やしましょう。

 

ステージ4.見込み客・・・単発で発生した来場者。または利用はまだだが少し興味を持ってくれている。
⇒顧客化を!
WEBや広告で興味を引き付けましょう。
来場者(来店者)には顧客情報の取得を促進して、会員制度への誘導を試みましょう。

 

①客単価、②内訳、③購入額の増減、などを分析してみましょう。
おのずととるべき施策が見えてきます。

 

このように、「会員が増えた、良かったね♪」と終わりにせず、
会員になってくださった顧客もさらに分析を行い、
顧客満足度を高めることを意識してみてください。

 

会員との接点となる「HPマイページ」「メールマガジン」「ポイントサービス」といった
会員サービスを活用することは、ファンを固めるためにとても役立ちますよ♪
 
 
 
 

ky

会員の魅力を下げていませんか?①

2015年08月03日

弊社ブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。

 

さて突然ですが、 プロ野球球団やタレントなどのファンクラブに入会したことがありますか(*゚▽゚)ノ ?

これから2回に分けて【ファンとビジネスの関係】についてお話をしようと思います。

 

では話を戻しまして。 プロ野球12球団でファンクラブの会員が多いのは、
阪神、巨人、ソフトバンクホークスで、その数は15万人以上だそうです。
エンターテイメント業界のタレントでファンクラブの会員が多いのは、
ダントツでジャニーズ事務所の「嵐」で、そのファンの数は100万人以上だそうです。
ファンクラブの会員になると、優先的にチケットが入手できたり、ファン向けのイベントに招待されたり、
限定グッズなどが買えたり、会って触れ合うチャンスもあります。

こうした顧客の行動は一般的な会員向けサービスにも当てはまります。
会員サービスに入会している顧客は、
「継続的にサービスを利用する」という意思を持って特別なサービスを受けたいと願う“ファン”というわけです。
こうした「ファン」がいわゆる【優良顧客】として、ビジネスを強く支えているのです。

 

 

ここでひとつ、考えて欲しいことがあります。
それは『会員サービスの会員数が増えれば増えるほど儲かるのか?』(・_・?)

 

実はそうではないようなのです。
『嵐』のコンサートチケットは、ファンクラブ会員でも欲しい席を入手するのがけっこう難しいそうで、
会員数が多すぎて、ファンクラブ会員の優待が効かなくなっているのが現状なのだとか。
これではファンクラブの魅力も半減です(´Д`)

会員の数が増えるほど、非会員との差は付け難くなります。
また、会員の増加は同時に多様化を意味し、全ての会員に満足のいくサービスを提供することが難しくなります。

 

つまり「会員数減=売上減」だけではなく「会員数の増え過ぎ=顧客満足度低下」 という現象も起き得るということです。

 

じゃあ、ちょうど良い会員数になったら会員を増やすのを辞めれば良いのか?

いえいえ、そういうことではありません。 重ねて言うようですが、会員“ファン”
“ファン”がいわゆる【優良顧客】として、ビジネスを強く支えているのです。 ファンが多いに越したことはありません。

 

 

そのジレンマ、解決する方法はあるのでしょうか「(´へ`;

ハイ! それについては、次回こちらのブログでご提案させてください。

続きが気になる方、是非また後編もお付き合いくださいませ。 お客様のためになるご提案となれば幸いです^^★

 

 

 

 

ky

新商品『doアプリ』

2015年06月15日

いつもお読みいただきありがとうございます。

弊社の新商品『doアプリ』のホームページはもうご覧になりましたか?

http://www.mspnet.co.jp/doap/

 

集客・販促のためのお店オリジナルアプリが作れるこのシステム。

「月額費用 19,800円」 (※初期費用・端末代 別途賜ります。)

から始められます!!

 

メールでのお問合せ先はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

kikaku@mspnet.co.jp

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

お気軽にお問合せください♪

 

 

 

 

ky

デベロッパー???

2015年06月04日

弊社のメール会員システムに関連したツールとして、

次なるものを準備しております。

 

その前に通らなければならない関門(申請)がありました。

アップル版、アンドロイド版への法人登録のようです。

正直???でした。

 

特に、アップル版に関しては、英語、英語。

翻訳機能には助けられました。

数多くの手順を踏む、Duns-Numberも必要でして、

初耳の自分としては、そこから調べるということから始まり。

番号の調査は、とある方にお願い。

英語表記の訂正を済ませて、再度、アップル版に申請・・・

 

今だからこそ言えますが、かなり苦戦しました。

関係各社の皆様、ありがとうございました。

特に、I社長には、連日の電話攻撃にもかかわらず、

丁寧にお教えいただきました。

感謝いたします。

 

なので、なのですね、

必ず日の目を見せてくださいね!!!!

 

アプリ公開、近日中!お楽しみに。

 

Y.N

訪日外国人増加に伴う日本の課題は?

2015年05月18日

2014年に日本を訪れた外国人が過去最多の1341万4千人だったそうです。
初めて1千万人を超えた前年より29.4%も増加しました。
円安の追い風に加え、アジア諸国のビザ緩和や免税品目の拡大、
海外での観光PR強化など政府の取り組みも後押ししたもよう。
さらに、訪日外国人が使ったお金の総額も、
前年比43.3%増の2兆305億円で過去最高となりました。

 

今観光業界で大注目の『星のリゾート』の代表である星氏は、
ある取材で、訪日外国人の増加を受けて、
受け入れ体制の面で次のような課題を示しています。

 

「日本で当たり前としていたルールを変える必要が出ている。
例えば、温泉旅行では入れ墨やタトゥーをしている人は原則として入浴を断っている。
ただ、米国では5人に1人がタトゥーを入れているし、
民族文化として入れ墨をしている人たちもいる。
こうした訪日客を拒否するのは正しいことなのか。
そこで、入れ墨を隠せるシールを高級温泉旅館『界』で10月から試験的に導入する。
8cm×10cmの面積に納まるなら入浴できるというルールにする。
これは最初のステップで、業界全体で様々なアイディアを出して行きたい。」

日本人は古くからの風習を大切にし、「おもてなし」の文化を守り続けています。
そうした点が外国人から高い評価や興味を集めているのは事実ですが、
これからは、外国人の方の独自の文化・風習も受け入れた「おもてなし」の形も
模索していく必要があるなと感じました。

 

 

 

 

 

ky

破壊力のある文面

2015年05月13日

博多駅地下鉄通路(連絡路?)を歩行中の出来事、
目に留まった看板を見つけました。

写真に撮らなかったことを後悔。

==============
行員のみなさんへ
美容と健康のために
3階までは階段を使いましょう
総務部
==============

このような主旨の文章だったと記憶しております。
3階だったかな?

金融機関かな?
金融機関=お堅い
想像しがちですが、
どうやら最近はそうでもないようです。

Y.N


このページのいちばん上へ